木の家ネット事務局 八ヶ岳便り

2018年1月13日

新春企画ランキング!を読み解く

カテゴリー:

「木の家ネットらしさって何?」を
新春コンテンツから発見!

お正月に公開した新春コンテンツには、なんと33もの!ベストショットが寄せられました。それらを分析してみると・・木の家ネットって、どんな感じのつくり手が集まっている会なのか、よ〜く分かります!

事務局から「2017年にベストショット」を呼びかけた時に想像してたのは、竣工物件の「建物の外観写真」でした。
・・・ところが蓋をあけてみたら???

それぞれの投稿を傾向別に分類してみました。

※写真をクリックすると、特集本編のその記事にジャンプしますよ!


「家づくりはプロセスを楽しまなきゃ!」建て主さんと結い作業系 9票
「子どもたちに伝えたい!」次世代継承系 8票
「むずかしいこと言われると燃えます」手仕事追求系 7票
「納得の仕事ができました」自慢の施工事例系 5票
「自慢は良い仲間!」人とのつながりが幸せ系 2票
「作業場つくってます!」シゴト環境整備系 2票

「家づくりはプロセスを楽しまなきゃ!」

建て主さんと結い作業系 9票

建て主さんと作業している!シーンの写真が圧倒的に多かったですね。よいとまけ、竹伐り、小舞かき、土壁塗り、柿渋塗り、焼杉板づくり・・・工業製品の壁だったら、コンクリートの基礎だったら、関わる余地はないですよね。けれど、身近にある素材で手仕事でするパートも多い「職人がつくる木の家」なら、建て主さん家族やまわりの人が関われる工程がいろいろある!のです。家づくりのゴールは、建物としての家。けれど、家づくりはそれだけではない。できあがるまでのプロセスを楽しめる、楽しんだ分、できあがる家に愛着がわく、というのも、家づくりの大事な要素なのです。

綾部 孝司さん:コンクリート基礎を打たない石場建ての現場で、建て主さんと「よいとまけ」。
橋詰 飛香さん:同じく石場建ての現場で、よいとまけではなく「版築(はんちく)」的な基礎がためを建て主さんと。

日高 保さん:土壁を塗る下地の竹小舞をつくるために、建て主さんと竹伐り隊。
村上 幸成さん:外壁に使う杉板をつくるのに、建て主さんと古式の三角焼き。これが簡単で早い!

岡崎 定勝さん:山に入って、大黒柱にする木を建て主さんと選ぶ。木のいのちをいただいて家になるのです。
東原 達也さん:写っているのは竣工した建物ですが、ここまでの普請のプロセスがまさにフルコース!

伊藤 淳さん:みんなで土壁塗りが楽しすぎて、終わるのがさびしい!という建て主さん。
北山 一幸さん:建て主さんと土壁塗りする現場の下支えするのが、練り土供給班。

持留 和也・ヨハナ:初めての人にも伝わりますね!この原始的な体験のワクワク。

「子どもたちに伝えたい!」

次世代継承系 8票

次点で多かったのが、家づくりやまちづくり、職人技術の継承などを通じて、次世代や海外の人に何かよいものを「伝えたい!」という思いがあらわれたベストショット。体験を通して伝わることは、ただ教わることと違って、身に付き、いつかきっと芽を出す。そう信じて「種まき」をしているのですね。

大江 忍さん:家族が自然とコミュニケーションできる家。こんな階段や梯子も、いい中間的な場になりそう!
鈴木 直彦さん:大江さんと同じ発想!そのネズの木の皮むき現場の一枚です。

川村 克己さん:ことばを発しない、森の気持ちを紙芝居で伝えます。
長谷川 順一さん:伐採と製材と木ごしらえは、本来ひとつのこと。杣(そま)からはじまる家づくりを伝えます。

林 美樹さん:海外の人にも日本の「職人がつくる木の家」のよさを伝えたい!
中村 武司さん:母校の目の前のお堂づくりに関われた子どもたち。一生の思い出に残りますね。

和田 洋子さん:なんだかアイドルかなんかのコンサートみたい!ああ、餅まいてるからか!
北山 めぐみさん:中学生がお掃除している土間は、じつは赤煉瓦敷きなのです!

「むずかしいこと言われると燃えます」

手仕事追求系 7票

効率のよさだけを追い求める世界とは逆なのが「ものづくり」の世界。やれそうにないような注文を「挑戦」ととらえ、工夫を重ねてやりきる。その喜びはひとしおです。

宮内 寿和さん:あんなことやってのけた宮内さんなら、きっとやってくれる。そんな出会いが面白い!
山崎 四雄さん:放射状の木組みが二重になっているのも、まるで広げた傘の真裏にいるみたいです!

沖野 誠一さん:松本勉さんのものすごい鏝絵!沖野さんが惚れ込んだ土佐漆喰の左官さんです。
高橋 俊和さん:本居宣長が12歳から亡くなるまで住んでいた鈴屋の奥座敷を再現!という難題。

劍持 大輔さん:家の一部を建物の軸線から45度ずらす。それを実現したら七方差しになった!
小山 武志さん:戦前の家の軒裏を直しました。大工の技術の見せ場です。

「納得の仕事ができました」

自慢の施工事例系 5票

それぞれの得意分野が光っています。どの事例にも、とことんまで気を抜かないものづくり魂が感じられますね。

小澤 啓一さん:ほかの要素との取り合いの中で、水平垂直を出すのは用意ではない!きっちり屋のタイル屋さんの仕事。
中川 幸嗣さん:「むくり」とは「反り」の反対。わずかにふっくらとした仕上りのこと。波の連なりのようにも見えます。

吉田 晃さん:腐って落ちていた天井をぶち抜いて屋上にあがる階段を取り付けた? 逆転ホームランですね。
寺川 千佳子さん:こんなお家だったら、ますます家に居るのが楽しくなりそう。母の愛が感じられます。

佐々木 文彦さん:県産材をたっぷりと使った家に、建て主さんご家族も大満足。

「自慢は良い仲間!」

人とのつながりが幸せ系 2票

丹羽 明人さん:これだけ多くの人が家づくりに関わっているんですね!
高橋 一浩さん:かっこいい!このままブルースバンドのジャケットになりそうです。

「作業場つくってます!」

シゴト環境整備系 2票

手刻みをする大工には、長尺材や丸太材をそのまま持ち込める作業場が必須。いい材に出会った時にはつい買ってしまうから、ストック場所も。といっても、最初から理想の作業場があるわけではありません。となったら、一世一代の作業場づくり!今年のコンテンツとして取り上げたいテーマのひとつです。

横山 潤一さん:はるばる旅をしてきた、明治時代の小学校の材と、各地から馳せ参じた仲間達とでできた悲願の作業場。
中川 孟さん:静岡から石川へ。拠点が変われば、まずは作業場からつくらねば!

まとめると・・・

木の家ネットのつくり手は、結果としての「家」を供給するだけでなく、建て主さんと家づくりの「プロセス」を楽しむことを大事にしている。そして、子どもたちに、職人の手仕事や無垢の木、自然素材、自分たちで家づくりに関わることの価値を伝えようとしています。

仕事の手を抜くという発想はなく、むしろ、こだわりすぎて狭い所に入り込まない事の方が要注意。それでも、難しいような注文が来ると「やってやろうじゃないか」と燃えるつくり手は多いもの。そのように追求して、納得できる仕事になった時の喜びが、次のものづくりへの意欲となるのです。

仕事をしていく上で大切なのが場です。目に見えない場は、人とのつながり。目に見える場は、手刻みをする大工にとって欠かせないのは作業場です。場が発する気が、家づくりそのものに大きく影響します。

今年も、全国のつくり手が、建て主さんとともに造る家づくりを通して、家が長く愛され、愛着をもって社会的な資本として受け継がれていく社会を築いていく一端を担っていくことができますように!事務局として、そのように願っています。

Pocket

2018年1月1日

石巻のマイケルの大工 兼 漁師人生

カテゴリー:

12月半ば、岡山のジョン(アメリカ人)、事務局のヨハナ(ドイツと日本のハーフ)と並ぶ「木の家ネットの外人部隊」の一人で宮城県石巻在住のマイケルこと杉原敬(アメリカと日本のハーフ)から電話がありました。「今、牡蠣を剝いてるんだ。送るよ!」と。話を聞くと、マイケルは大工と漁師の二足のわらじで生きているというのです。

マイケルはもともと埼玉県飯能市で大工をしていましたが、2011年の東日本大震災を機に「復興大工」としてはたらきたい!と気持ちが強まり、震災の年の秋に石巻で行われた木の家ネットの総会で石巻の会員、ササキ設計の佐々木文彦さんとの出会いなどから、少しずつ現実になっていきました。

そしてついに、2012年7月「北上ふるさとプロジェクト」をたちあげ、津波被害が大きかった石巻市の北上町入り。プロジェクトのの主要大工メンバーとして、北上の復興に向けてWE ARE ONE北上の活動拠点となる建物の子どもハウスを木造で建てる仕事をしました。

2013年1月に工事が終わってからもそのまま石巻に居続け、地元の大室南部神楽に参加したりしながら、2017年3月まで地元のある工務店で大工仕事をしていましたが、4月で退社。それ以降は、直接マイケルに依頼がある時は大工として、それ以外の時間は漁師として生活しています。

以下、マイケルからの肉声でお届けします!

常に世間様にご迷惑をお掛けしている私ですが、今年もいろいろありました。3月いっぱいで石巻の工務店を退社したあとは、お施主さんだった漁師の誘いで、半分以上は漁師やってます。

4月は朝4時から船に乗ってわかめの刈り方と陸に上がってからはメカブ削ぎと塩蔵作業。5月は木の家ネットのコンテンツ「3.11後を生き抜くコミュニティーの力」で登場してくれたバビちゃん家で牡蠣むき&牡蠣上げ。

6月に入ってからは、前に建てた家の家具作りと仙台一の老舗呉服店「にしむら」の接客テーブル作り。

7月から9月までは荻浜(おぎのはま)で午後から深夜にかけてのハモ漁。船よりもずっと大きな波に揺られながら沖合に出ていき、ハモを穫るカゴをおろしてまわり、数時間後に回収すると、ハモがちゃんとかかる。海の恵みってすごいし、どこにハモがいるか分かる漁師は、海とお話できる人たちで、すごい。育てて収穫する農業よりは、もっとダイレクトに自然からいただく仕事だなと実感します。そして何より、金華山沖38度線付近の夕焼けが美しい!

シケで休みの日が多いので、合間に施主さんの家の外構工事や9月に志津川中学校でする木工授業の準備もしました。貫構造の模型のパーツは4000本。接合部は2万以上。時間かかりましたね。この授業は、震災後、南三陸町出身の大正大学の山内あけみ先生が主宰する中学生向けの連続講座「森里海連環学」の一コマでした。

「森里海連環学」とは、文字通り、森から海に至る生態系相互の関連、そしてそれらと人間との関わりを考えるという学問で、この連続講座には2か月おきに講師が来るのだけれど、僕の前は養老猛、僕の次が海洋学者で海洋研究開発機構(JAMSTEC)理事の白山義久先生と、なんとも豪華なメンバー。ぼくの次の講師の白山先生が属しているJAMSTECは世界に有数のめっちゃすごい研究機関です。海にまつわる環境がどのように変化してきたかという白山先生の話は木の家ネットの皆にもぜひ聞いてもらいたいくらいの迫力。CO2の劇的な増加が(これについては異論もあるが、今では様々な科学的検証の結果、ほぼそれが間違いではないことを示している)引き起こした気候変動、環境破壊と汚染の背筋が凍るような話、東日本大震災が起こったプレートとそのメカニズムの話、自然(海の生態系)がいかに力強いか、またそれが壊されるとどうなってしまうのかという話。今の生態系及び人類が今後50年以上持続可能なのか否かという、建築に携わる人たちも決して無縁ではない内容です。

9月末からはまた牡蠣むき&牡蠣上げ。11月半ばには、祖母が98歳で亡くなりました。軍属として夫婦で満州へ渡り、祖父は関東軍の一員として南方に赴き、フィリピンで戦死。僕の父を生んだ祖母は、母子で命からがら帰ってきたという人でした。合掌。12月21日には、もう18回目になる多摩美術大学環境デザイン学科での伝統木造の授業。今回は栗駒木材の材木で新規に刻んだ材を東京に運んで、学生たちと木組みをやりました。つまりこれが、2017年初めてで最後の新築ね。その後は、帰って29日までまた牡蠣むきをしていました。

ぼくの中では大工も漁師もつながってる。

漁師は、海から自然の恵みをいただく仕事で、人間の営みのせいでの環境の変化が、シビアにあらわれる。牡蠣をむく仕事をしていると、漁師たちは「実の入りが少なくなった」と言ってる。それも白川先生の話によれば、人間のせいで自然のバランスが崩れている結果。それが日々の仕事に直結している。

じゃあ大工は?といえば、環境をこわすように作るのも、環境を持続させるように作るのも、本人のやり方次第。僕としては、だったら持続可能な家づくりでなければしたくない。いかに快適でも、長持ちせず、ゴミになるような家づくりには手を染めたくない。「あたたかい家が欲しい」と要望されたとしても、化学系の断熱材を使えば簡単にできちゃうけど、そうじゃないやり方、木や土といった自然素材での家づくりを工夫して提案することだってできる。簡単ではないけれど、そうしたい。そうでなければ、大工をやる意味がない。自然をビシビシと感じる漁師をしながら、そのような思いは強くなってる。

木の家ネットのみなさんも、良いお年をお迎えください。

・・と、漁師兼大工として活躍するマイケルから、木の家ネット事務局をしているモチドメデザイン事務所に、クリスマスに「マイケルお手剝き」の牡蠣が届きました。生牡蠣のレモンがけ、牡蠣フライ、クラムチャウダーと、思いつく限りの牡蠣料理で、近所でプチ宴会をさせてもらいました。生牡蠣のほかにも、牡蠣とベビーホタテのオイル漬けも・・いやあ〜旨かった!

Pocket

2017年12月2日

松っちゃんの餅まき宣言

カテゴリー:

「12/2(土) まで石場建ての自宅の上棟をしています。最終日の16時には餅まきをします。本人忙しすぎておしらせまで手がまわらないので、縁ある方に代わってお知らせします」天竜杉を扱う材木屋のアマノ 山口好則さんからのFacebook経由の案内に惹かれ、静岡県の森町へ、木ごころ工房 松村寛生さんの自邸の棟上げ最終日に行ってきました。

着いたのは16時過ぎ。国道をおりてくる坂道の途中から「あ、あれだ!」と分かる、無垢の木組の軸組が、みかん畑の斜面に、輝いて見えてきました。脇道を入ると、クルマがびっしり。人だかりもしています。みかん畑の作業場の前に停めさせてもらって近づいてみました。

つやつやと輝く無垢材は、アマノの天然乾燥材の杉や桧。キメの細かい、表面に光沢のある材が、湯上がり美人のようです。代替わりしても天然乾燥材にこだわるという姿勢を貫くアマノの若社長 天野徳重さんも、満足げに見上げています。少し遅れている餅まきを待っている人たちは、遠足シートを広げて座っています。いっぱい拾おうと、洗濯物のカゴを持参の人もいます。

揃いの「木遊舎」のスタジャンを来た大工たちと家族が、ようやく屋根の上に勢揃い。段ボールを手にもって、餅を投げ始めます。人だかりの後ろの方にいる私たちのところにも、降ってきます。距離投げられる大工さん。子どもの頃、野球でもやっていたかな!

その餅の雨が、なかなかやまないのに驚きました。紅白のビニールに包まれた丸餅です。歓声をあげながら直接キャッチする人、落ちたのを争うようにしてとる人、みんな本気です。屋根の上の投げている人たちも、満面の笑顔。楽しい時間でした。

松村さんは、木の家ネットに入会して間もなく、熊本の地震後に木の家ネットの大工たちで被災した石場建ての家の「家戻し」に参加。伝統木造の関わる大工ならいちどは建ててみたいと憧れる石場建てを、自分で建ててみたいという思いをさらに強くして地元に帰ってきました。

といっても、石場建ての依頼があるのを待っていても、なかなかありません。「頼まれるよりも前に、自宅を石場建てで建てよう」と決意。滋賀の川端建築計画の川端眞さんに限界耐力計算を依頼し、適判を通して建てました。

「手刻み、オール自然素材で住宅つくれるの?」「金物使わない木組みだけでなく、基礎も石場建て??」昔はあたりまえだったかもしれないけれど、今時の家づくりからすれば「そんなのできるの?」と思われがちな家づくりですよね。それを目指して、やってしまてている人にはひとつの共通点があります。

それは「やりたいことは、宣言してしまう。そうすれば、その思いに共感する施主がきっとついてくる」という姿勢です。根拠のない自信?と思われるかもしれませんが、現実に、やれている人たちは、そのように意思表明して、やれているのですから、これはきっとほんとのこと。ホームページや木の家ネットのつくり手リストで表明する「こうありたい」という言葉は、ちゃんと現実になっていくのです。分からないことにチャレンジしていく中で、困難や疑問にぶつかれば、木の家ネットの仲間に訊いたり、相談したりしながら。

しかも、松っちゃんは、言葉だけでなく、自宅を建てるということで、先に「やりたい家づくりはこう。俺ならできる」ということを、現実のこととして見せてしまったのです。自分の暮らしている地元で。

さらにすごいのは、それを、地元の大工仲間とやってしまったこと。木の家ネットの先輩大工から応援の申し出もたくさんあったそうですが、地元で活動している自分たちでやれるだけやろう!という思いで、普段アマノの作業場長屋をシェアしている仲間たちと敢行しました。「途中、もう間に合わないか!という場面もあったけれど、なんとか予定どおり餅まきできるところまで漕ぎ着けたことは、みんなの自信の力になりました」と。餅まきに参加した近所の人たちは、餅まきだけでなく、そうやって5日間かけて上棟してきた大工さんたちの姿も見ている。ホームページより何よりの、生きた「俺の家づくり宣言」ですよね。

「みんなもそうだと思うけれど、自宅をやっている時はキツイですよ〜」と松っちゃんは言います。そりゃそうです。入金がないばかりでなく、材料も手間も払わなきゃならないのですから。竣工は?と訊くと「来年の今頃」とのこと。ほかの仕事しながら=入金も途切らせずに、じっくり完成するそうです。竣工が楽しみです!

Pocket