すまい塾古川設計室 (有)

古川 保

一級建築士事務所

熊本は杉の産地である。熊本の山の自伐林業家から木材を直接購入している。最近、高気密・高断熱の家が増えているが、冬暖かく夏涼しいというのは、エアコンの効きが良いということらしい。「窓を閉めてエアコン」の生活も良いが「窓を開けて扇風機」の家がもっと良い。風通しを良くし、土・紙・藁・無垢板・漆喰等の吸湿材で家をつくれば、エアコン不要となり、夏のピーク電力が下がり原発4〜5基は減せるかもしれない。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
〒 861-4115 熊本県熊本市南区川尻 4丁目10-5
tel : 096-357-0973096-357-0973
mobile :
fax : 096-357-0973

ギャラリー


  • 床座のくらし

    板の間にしたいが、2間つづきの和室も欲しいという人への解決策。居間の半分に畳を敷く。畳の敷き目を座敷につづける。襖は4枚溝で、片方に全部よせる。なんとなく解決。


  • 格子網戸の家

    小間返し寸法は、微妙である。家の中から外が見え、外からは中が見えにくい。南にフルオープンの網戸にして、北に風の出口をつければ、エアコンいらずの家の出来上がり。


  • 応接土間の家

    昔の家の土間は広い。土間を応接にすれば、2間つづきの和室は、来客用にしなくて、居間に改造可能となる。