金物は一切使用せず、伝統工法だけで木組みされた構造材が見える吹き抜け
大工さんが作ったキッチンと桧のダイニングテーブル、おまけに、照明も手作りで!!
職人がつくる木の家 登録メンバー
内田工務店


〒352-0021 
埼玉県新座市あたご3-1-17
tel: 048-482-3939 
fax: 048-482-3938
e-mail:uchida-m@mwc.biglobe.ne.jp
web: http://kino-ie.net/uchida/
   
1984 会社設立資本金1000万
1984 建設業の許可(般-8)第70377号
1993 生活クラブ生活協同組合提携工務店となる
1995 一級建築士事務所開設 登録第40519号
1996 東京の木で家を造る会会員工務店となる
  こだわりの木造住宅を作る事
 
   
 
杉板の野路表わし天井とシンプルな白漆喰の壁   釘を一本も使わずに組まれた階段と地杉で作成したガラス建具

   私達は、最近の木造住宅に疑問を持ちます。それは木の一番大切な役割を無視して、柱や梁をただのフレームとしか考えず、金物を打ち付けてクロスや新建材で覆ってしまい木造本来の良さが失われているからです。
 頑丈な家とは、金物だらけの家ではなく、金物に頼らないしっかりとした木組の家なのです。
 健康住宅とは、ホルムアルデヒドをあまり放出しない新建材(Fco)を使った家ではなく、日本の風土に合った調湿をしてくれるムク材を使った家なのです。
 今、忘れかけられている本当の木の温もりを、一人でも多くの人に知って頂きたいと思い、私達は、日本家屋の原点に戻って家造りを考えています。

自由設計の家 内田工務店 代表:内田光男

(c) 2001 uchida koumuten