10 エコ

担当:岸本耕(吉川の鯰)

伝統的な工法を採用することは、エコにつながる

伝統的な工法による家づくりをする事で環境負荷を低減しようとする傾向が見られます。

1.問題点の指摘

①エアコンの弊害

・エアコンの効率を上げるための密閉された建物は木材本来のポテンシャルを損なうものだ

② 建築前後の環境負荷

・材料の生産、廃棄処分時の環境負荷が考慮されていない

③エコポイント

・エコポイントの基準は伝統工法は論外となっている

2.改善方法

①法律の改善

・建築基準法のは環境に関する規定を盛り込む必要がある

② ハイテクとローテクの住み分け

・ハイテクとローテクの住み分けをして、伝統技術を伝承し、長持ちする建築を心がけるべき

← 09 シックハウス | ↑ 目次へ | 11 瑕疵担保保障 →