木の家ネットとは

1. 木の家ネットとは?

日本の木を使い、住まい手と職人とが顔の見える関係でする家づくり」を実践している、大工工務店、設計、製材、左官、建具、畳など、さまざまな職種のつくり手の集まりです。

2. どれくらい、会員がいるの?

2018年4月現在、日本全国41の都道府県の158名のつくり手(正会員)がいます。

3. 木の家ネットはいつ、どのような目的で、誰が作ったの?

2001年。Webで発信することの敷居がまだ高かった頃。これから持続可能な社会を築いていくのに、伝統的な木の家づくりがもつ可能性を広めたい!という想いで、全国の大工、設計士、製材が集まり、共同で発信するサイトを立ち上げました。それがこの「職人がつくる木の家ネット」です。

創立以来ずっと、メンバーの出資と運営により「どのように、つくるのか」「なぜ、そうつくるのか」を発信し続けています。Webでの発信以外にも、つくり手同士の交流、国へのはたらきかけ、人材育成も積極的に行っています。
その時に掲げた宣言文がこれです:

職人がつくる、日本の木の家。
人に健康、環境にやさしく、
いざという時に心強く、
末長く愛着をもって住める家。
そんな家を求めるあなたと、
つくる私たちの縁結びのサイトです。

4. 木の家ネットでは、どのような発信をしているの?

特集記事

会員へのインタビュー、会員に問いかけて寄せてもらった答えを編集したもの、木の家づくりをめぐるさまざまな問題、総会の報告など、一年に8回ほど、特集記事を発表しています。

つくり手リスト

全国の正会員のリストを、地域別に掲載しています。手書きの「自己紹介シート」、施工写真などを掲載しているつくり手もいます。

事務局だより

特集記事よりは軽めの、木の家づくりをめぐるニュースや、会員さんの情報を不定期でお届けしています。

イベントカレンダー

会員が関わる見学会、勉強会、イベントなどの「お出かけ情報」を掲載しています。

5. 木の家ネットは誰が運営しているの?

木の家ネットは、つくり手会員が納める年会費で運営しています。

木の家ネットの意思決定は、年に一回、全国各地でのもちまわりで行われる「総会」と、月に一回ネット会議で行う「運営会議」とでなされています。

運営委員リスト

「運営会議」は、正会員から選ばれた運営委員によって構成されています。

大江 忍ナチュラルパートナーズ(愛知) 代表
綾部 孝司綾部工務店(埼玉)
日高 保きらくなたてものや(神奈川)
寺川 千佳子恒河舎(静岡)
持留 ヨハナ 持留 和也モチドメデザイン事務所(東京) 事務局・Webサイト制作
丹羽 明人丹羽明人アトリエ(愛知)
宮内 寿和宮内建築(滋賀)
川端 眞川端建築計画(滋賀)
金田 克彦大」建築(京都)
和田 洋子バジャン(岡山)
田口 太土壁の家工房 田口技建(熊本)

会員同士はメーリングリストやfacebook会員専用ページなどで、日常的に情報交換しています。

4種類の会員

会員種別対象会費サイト掲載審査
正会員木の家ネットで標榜する家づくりを実践するつくり手年会費1口7000円で2口以上(3口以上推奨)
入会金10000円
名前と屋号、連絡先、事例写真やイベント情報などの掲載入会審査書類の提出が必要
凖会員正会員をめざすつくり手、正会員の弟子やスタッフ、学生など年会費7000円
入会金なし
名前と県名の掲載
(屋号掲載なし)
作文の提出が必要
賛助会員木の家ネットの主旨に賛同し、応援する人年会費一口5000円を任意の口数
入会金なし
名前と県名の掲載特になし
顧問引退した会員会費等なし名前と県名の掲載運営委員が認めた人

※くわしくは「入会希望の方へ」をご覧ください。

会費振込先

ゆうちょ銀行口座・通帳記号:10050 番号:77245361
加入者名:木の家ネット 代表者 大江 忍
三菱UFJ銀行支店名:本店(店番001) 口座番号:普通1189648
通帳名義:木の家ネット 代表 大江 忍

事務局住所

〒408-0001
山梨県北杜市高根町長沢2233 モチドメデザイン事務所 内
「職人がつくる木の家ネット」事務局
e-mail:jimukyoku@kino-ie.net
Tel:0551-46-2901