木の家ネット事務局 八ヶ岳便り

2019年1月4日

近江八幡の「ラ コリーナ」に行ってきました

カテゴリー:
Pocket

お正月休みにひとつだけ、家族で観光っぽいお出かけをしました。
行った先は、ラ コリーナ。
近江八幡の和菓子の老舗たねや、そこから派生したバウムクーヘンで有名なクラブハリエのアンテナショップ?というには大きすぎる・・お庭と商業施設が一緒になった、テーマパーク?のような場所です。うちのダンナが大好きな藤森照信さんの設計です。

広大なお庭に、回廊のようにお店が、自然に融けこむように連なっています。

http://taneya.jp/la_collina/about.html

まず目を惹くのが、この草屋根。夏には、綺麗な緑色になるそうですよ。
建物の中に入ると、こんな天井。黒いのは、なに?磁石で砂鉄遊びしたみたいに見えますが・・?

このナゾはあとで解けることになりますので、最後まで読んでね!

ここでは、メインの建物を突っ切リます!・・と、真ん中に池のある、広々したお庭に出ました。右手がたねやの本社だそうです。

入っちゃダメよ!の看板、よーく見ると、どうも、赤に白一文字の横線はお菓子?で、それをアリンコが食ってる??

こんな感じに、池の周りを思い思いに散策しています。

ところどころにちいちゃな畑があって、冬とはいうものの、菜の花が咲いてたり、小松菜、チンゲンサイなど、寒さに割と強い葉物が青々としていたりも。

せっかくだからなんか食べたいね!と、回廊をぐる〜っと歩いて、さっきの正面の建物に戻って・・

入り口正面の建物の2階にあるクラブハリエの喫茶店に落ち着きました。赤々と火のついた石窯の中では、バウムクーヘンがこんがりと焼けています。

ほらほら、さっきの黒いのはどうやら・・炭のようなのです。

カマドから離れたところでは、粉々に砕けた炭が風にサーっと吹かれたようにして散らばっていたり、吹き寄せられていたり・・

不規則に施工する、っていうのも、難しいことなんでしょうね・・

1階には、元祖たねやさんの和菓子売り場も。壁にはお干菓子の古い型がたくさん展示してありました。

帰りがけに振り返ってみたら、なんだか、かじられたあとのバウムクーヘンのようにも見えました。ぐるっと散歩して、お茶飲んで・・そうね。宮崎駿の「千と千尋の神隠し」の世界にもちょっと似た・・不思議な場所でした。

近江八幡に行くことがあったら、ぜひ!

Pocket